『ポリピュアEX』の口コミ

ポリピュアEXを使ってみての口コミ

生え際と横側の脱毛に効果はあるの?

私(30歳)は、3年前から生え際の脱毛に悩まされていたんですけど、
最近、使い始めて効果を感じている育毛剤がこのポリピュアEX

 

商品名

  ポリピュアEX

価 格

【単 品】
  7,800円
【定 期】
  6,800円

容 量

  120ml

 

このポリピュアEXは、日本やアメリカ、ヨーロッパ各国で特許を取得した人気の育毛剤。
この特許成分である「バイオポリリン酸」が、眠った毛乳頭にダイレクトに発毛命令を出し
抜け毛を防止しながら発毛を促進してくれるとのこと。

 

私は、かなり「生え際と横側」の髪の量が薄くて、一本一本が細い。
しかも、指で髪の毛をはさんで軽く引っ張っただけでも2〜3本抜けていました。
ポリピュアEX|使ってみての口コミ情報

 

そんな理由からポリピュアEXを使おうと思ったんですが、
ポリピュアの公式サイトを見たときに、実験で85%の人がたった2ヶ月で育毛の効果がみられたとのこと。

 

そんな、頼りになるデータを見せられたら、
思わず使いたくなりますよね?

 

そういった理由で、最初使い始めたんです。
ポリピュアEX画像

 

ポリピュアEXの使い方

使い方はいたって簡単です。
私は1日2回、朝と風呂上がりに使うようにしています。
ポリピュアの液

 

風呂上がりは、シャンプーをした後なので、頭皮の毛穴がパックリ開いています。
そこで、ポリピュアEXを塗るとき少し量を多めに使っています。

 

容量も120mlなので2〜3ヵ月はつかえます。

 

効果について?

ポリピュアEXを使い始めて、最初の1〜2ヵ月目はさほど効果を感じていませんでした。
抜け毛の量も普段通りで、新しい髪も生えてきていませんでした。

男

 

でも、効果が出始めてきたのは3〜4カ月目です。
使う前と比べて、かなり抜け毛の量が減っていました。
それから、髪の毛をはさんで引っ張っても、抜けずらくなっているんです。

 

やはり一番うれしかったのが産毛が生えてきたこと。
しかもこの産毛が成長して太くなっているんですね。

 

この画像みたいに、使う前と比べて全体的に髪の毛の量が増えています。
薄毛.前
薄毛.横

 

現在で、ポリピュアEXを使い始めてから7カ月目に入るのですが、
まだ完璧にはほど遠いのですが、これからも継続して使っていこうと思います。

 

 

詳細はこちらから >>ポリピュアEX|公式通販サイト

 

購入時の心得

全額返金保証

私が、ポリピュアEXを購入する時に、
背中を押してくれたのがこのサービス「全額返金保証」。

 

「45日間使ってみて、効果を感じなければ全額返金。」

 

でも、私なりに調べたところ、育毛剤は2〜3ヵ月目から効果が出てくるとのこと。
どうしても、ヘアサイクル(毛周期)というのがあるので、
個人差はあれど、効果はある程度かかると思います。

 

実際に私も、抜け毛が止まり始めたのは3ヵ月目を過ぎてから、
なのでポリピュアEXの「全額返金保証」のことは、
そこまで考えない方がいいと思います。

 

男2

 

確かに、このようなサービスはうれしいのですが、
私達が一番求めているのは、髪の毛を取り戻すことなので、
45日間使って、脱毛を防止出来ないからといって、
やめずに3ヶ月〜半年は続けるようにしましょう。

 

単品? or 定期?

ポリピュアEXを注文する時、単品コースと定期コースがあります。
この二つには価格の違いがでてきます。

 

単品コース
注 文 個人で注文
価 格 7,800円
配 送 650円
用 量 120ml
期 間 2〜3ヵ月

 

定期コース
注 文 約40日間隔で自動的にお届
価 格 6,800円
配 送 送料無料
用 量 120ml
期 間 2〜3ヵ月

 

比較すると、1回分で1,650円ほど違いが出てきますね。
価格が安いのは定期コースなのですが、最初は単品コースがオススメだと思います。

 

理由として、どんなに効果の高い育毛剤でも
「合う人」「合わない人」は必ずいます。
ですので、最初はお試し間隔で単品コースを注文して、
3ヶ月〜半年ほど使ってみて、自分に「合う」っと感じてから、
定期コースに切り替えた方がイイと思います。

 

自分に「合わない」育毛剤をずっと使うのは、お金がもったいないので。
最初はお試し間隔で注文するのが良いでしょうね。

 

 

現に私も、最初は単品コースで効果を感じたので、
定期コースに切り替えています。

 

効果も出ていて、価格も安いので納得です。

 

 

>>ポリピュアEX|公式サイト<<

 

 

トップへ戻る⇒